読書の質が上がりました

読書

スポンサーリンク

どうも、ぶちおです。

セミリタイアして読書の質が上がった気がします。

サラリーマン時代の読書

私が本格的に読書するようになったのは2015年頃です。

それまでは年数冊程度でしたが、2015年以降は年100冊以上となりました。

毎日定時帰り可能な会社で、時間のゆとりがあったから可能なことでした。

Amazonで紙の書籍を買う、Kindleで電子書籍を買うがメインで、図書館は利用していませんでした。

サラリーマン時代の読書を思い出すと、それなりに楽しんでいましたが、質の面では良くなかったと思います。

①仕事のことが頭にチラつく

トラブル対応している時期とかは特にそうでしたが、字面を追ってても「トラブル対応どうしようか」「打ち合わせをどういうストーリーで進めようか」と頭の中で反芻してしまい、内容が頭に入ってきませんでした。せっかくの自由時間なのに、仕事に圧迫されている😭

②お金かかる

図書館は利用してませんでした。平日は行く時間無く、休日は行くのが億劫でした。買うほどでもなかったなと思う本もけっこうあったので、金銭的なムダは少なくなかったと思います。まあ、買うほどでもないということがわかっただけでも、ムダとは言い切れないですが。

③時間が無い

平日夜と休日だけでは、時間が足りません。500ページ以上あるような分厚い本や、何冊にも渡るシリーズものは、なかなか読もうという気力が沸いてきませんでした。

セミリタイア後の読書

セミリタイア後の読書は、サラリーマン時代の読書の不満が無くなりました。

仕事のことが頭にチラつくことは無くなりました。将来の不安がチラつくことはありますが、これは生きているかぎり消せないでしょう。

図書館を利用するようになりました。まずは図書館で借りてみて、手元に置いておきたいと思った本だけ買うようになりました。そこまでの本はまだ1冊だけですが。

分厚い本も図書館で借りて読むようになりました。返却期限は2週間ですが、2週間(しかも毎日休日)あれば500ページ以上あっても十分読み切れます。

所感

振り返ってみると、やはり仕事が精神・お金・自由時間に与える影響はエグいですね~

読書1つだけ取ってみても、サラリーマンから逃げ出すベネフィットがあります。

読書好きの方は「セミリタイア」を検討してみてはいかがでしょうか。

Posted by ぶちお