給料日について思うこと

サラリーマン時代

スポンサーリンク

どうも、ぶちおです。

25日は給料日という方が多いのではないでしょうか。

給料日でテンション上がったことが無い

給料日でテンションが上がったことが1度もありません😐

欲しい物があるけどお金が足りない → 給料が入ると買えるようになる という経験が無いのです。

普段の生活費は給料内に十分収まっていたし、高額品(パソコンとか家電とか)は月々自然と増える貯金で買えました。

学生からサラリーマンになったときも、10万円程度の貯金がありました。サラリーマン初の給料が出るまでの期間も、この10万円で問題無く過ごせました。

「給料日だ!何買おうかな~」とテンション上がる同僚を見ながら

「別に給料日であろうがなかろうが、買いたい物あれば買えばいいんじゃね?」と心の中で思ってました。

ボーナスでテンション上がったこともない

ボーナスでもテンション上がったこと無いですね😑

給料と同じく「ボーナス入ろうが入るまいが、買えばいいんじゃね?」と思ってました。

給料にせよ、ボーナスにせよ、なぜそんなに嬉しいのかが理解できなかったですね。給料は普通に勤務していれば契約に従って定額入ってくるものだし、ボーナスは変動はありますが、出るのが当たり前と思ってなかったので、「出た」という事実だけ確認できれば十分でした。

ですが、「給料・ボーナスが出ると喜ぶ」というのが多数派の思考っぽかったので、礼儀作法として最低限の喜ぶフリはしていました。特に「既婚者の小遣い勢」は何かにつけて「独身はいいよな~」ってクソな発言してくるので、つけ入るスキを与えない立ち振る舞いするのがめんどくさかった👎

蓄財向きの体質

何か知らんけど、気づいたらセミリタイアできる資金貯まってたわ😘

というのが、理想の蓄財方法の1つだと思います。

① セミリタイアに向けて、やっとこれだけ貯まった😣

② ゴールまであと○万円😫

①~②の期間はできるだけ短い方が精神衛生上よいです(理想はゼロ)。

ゼロにすることはできませんでしたが、①~②期間を短くできたのは給料・ボーナスにテンション上がらない体質のおかげだったと言えるでしょう。周りからは「つまんねー奴」と思われてたかもしれませんが、結果オーライですね。

Posted by ぶちお