2021年の不労所得総計は「985,152円」でした

2022-01-06収入

スポンサーリンク

どうも、ぶちおです。

不労所得!」甘美な響きですね~🤑

不労所得の内訳

2021年の不労所得総計が確定しました。

以下が内訳です。

——————————

①日本株6種

99,194円でした。

昨年まではNTTドコモ株を保有してたので12万円程度あったのですが、TOB絡みで強制売却となったため、昨年よりは減少してます。日本株はこれ以上買うつもりは無いので、まあこんなもんでしょう。

②SPYD

423,926円でした。(1ドル 113円で計算してます)

1番手エースの稼ぎ頭です。安定性に欠ける暴れん坊ですが、今のところは自分がイメージする配当は出してくれているので、これからもホールドしていきます。

③HDV

358,996円でした。

2番手エースです。昨年より微妙に減配しましたが、守りに強い人という位置づけです。

④LQD

52,154円でした。

額は小さいですが、毎月分配で毎月収入が発生するので、謎の安心感があります。

⑤2020年の配当控除・外国税額控除

50,883円でした。

配当が増えるほど控除額も増えるので、投資のモチベーションに繋がる項目です。

——————————

985,152円です。月平均にすると82,096円で、セミリタイア開始時の見込みである月8万円はクリアできました。セミリタイア出だしから躓かなくてよかったです😆

大した能力のない凡人でも、不労所得を作ることができる環境があるのはありがたいです。

不労所得の比率

比率をグラフにすると以下になります。

正直バランスは良くないですね。米国株に頼りすぎです。

為替の影響を思いっきり受けますし。

分散や安定性が不十分なのは重々承知してますが、サラリーマンからの速攻脱出を目標にして投資してきたらこうなってました。

サラリーマンのような安定収入が無い状態で、大きく売った買ったする「胆力」は無いので、このままひたすらホールドする所存です。

終わりに

2022年のNISA枠120万円をどうするかが今後の課題です。

これを埋め切れれば、年間100万円越えできる可能性があります。

ですが、収入が配当1本の安定性に欠ける状態では、現金比率を下げるのは正直怖いです。

これからの収入源開拓の状況次第では、NISA枠見送るかもしれません。

まあ、今は米国株高くて買う気しないので、焦らずゆっくり考えていきます🤔

Posted by ぶちお