大型連休前の「仕事振り逃げ」やめてほしい

2022-01-06サラリーマン時代

スポンサーリンク

どうも、ぶちおです。

サラリーマン時代の大型連休クオリティは、その前のデキが重要でした。

大型連休前は警戒期間

サラリーマンはそろそろ正月連休に入る頃ではないでしょうか。

私もサラリーマン時代は、数日会社に行かなくていいのはうれしかったです。

「あと何日耐えれば」と指折り数えて日々過ごしていました。

一方で、大型連休前は警戒すべき期間でした。

理由は、「仕事をブッ込んで休みに突入する輩」が出てくるからです。

メールがウザい

この時期は仕事依頼メールが多数飛んできます。

「連休明け着手でいいですので、これお願いします」的な内容です。

いやいや「連休明けでいいなら、連休明けに連絡よこせや!」😡

大型連休を仕事の区切りと捉える人が、なぜか多いですよね。

普通の週末休みが拡大しただけで、連休前後で状況が変わるわけではないのですが。

やはりボールを他人に渡して、スッキリして連休突入したいのでしょう。

気持ちはわからんでもないですが、振られた側はモヤモヤを感じての連休入りを強いられます。

打ち合わせもウザい

連休前には、プロジェクトの締めの打ち合わせが行われることがあります。

連休を控えて気持ちが大らかになっている人が多いせいか、やたらと連休後にアクションアイテムを入れたがります。そのアクションアイテムのスケジュールを、連休明け初回打ち合わせで提示しろとか言い出します。

特にお偉いさんは、口が滑らかになって理想論を開陳し出すので厄介です😟

「アクションアイテムがダメだった場合のバックアッププラン2つ以上用意しとけ」とか。

連休前後で人の能力や工数が変わるわけではないのだが・・・

みんな連休後に期待しすぎ。

終わりに

連休序盤、中盤はいいのですが、終盤になると、連休前にブッ込まれた仕事が頭にチラつき出します。

ただでさえ「あと○日で会社が始まってしまう・・」と凹んでいるのに、さらに休みのクオリティが下がっていきます。

サラリーマン時代は、連休を初日から最終日まで100%心穏やかに過ごすことはできませんでしたね。

セミリタイアして初めての正月は、仕事の仕掛りが無いので、100%心穏やかに過ごせそうです😄

Posted by ぶちお