株価急落時に心を安定させる方法

2021-12-28資産

スポンサーリンク

どうも、ぶちおです。

株価急落した時、どうするのが正解なんでしょうか?

株価急落!!

南アフリカでコロナの変異株が見つかったことをきっかけに、26日の日経平均が▼767.66となり、NYダウも▼905.04となりました。

資産が溶けていきます😭

為替も2.26円高でした。

私のポートフォリオは米国株が約70%を占めるので、為替の影響も大です😱

「長期投資なら数度の暴落は当然、むしろ安く株を買い増すチャンス!」とよく言われており、理屈ではわかっています。ですが、投資歴5年の駆け出し投資家の私は、完全に平常心を保てるほどの成熟には達してません。

  • 株価がこのまま続落し、老後の想定が破壊される
  • 配当も減配し、資産所得<生活費となる
  • 働かなきゃヤバいが、履歴書に空白期間のある中年オッサンを雇ってくれるところがない

よからぬ妄想が沸いてきます・・・

拙い対処方法

こんなときの対処方法として、以下を行っています。

①株式投資本を読み返す

株式投資界隈でバイブルと言われる本を読み返し、「今の投資法で間違ってないんだ!」と思い込んで心を静めます。具体的には下記の2冊です。

敗者のゲーム』(チャールズ・エリス (著) 日本経済新聞出版 2015/1/24)

株式投資の未来』(ジェレミー・シーゲル (著) 日経BP 2005/11/23)

「敗者のゲーム」は市場平均に連動するインデックスファンド投資の優位性を、「株式投資の未来」は配当の重要性を語っています。どちらの書籍も長期投資を大前提としています。

②証券口座にログインしない

証券口座にログインしません。資産状況は気になりますが売買するわけではないので、一喜一憂して時間とエネルギーを消費するのはアホらしいです。コロナ渦の初期(2020年3月ごろ)はこれで乗り切りました。

個人投資家にとっての投資は、宗教が入っている気がする

思ったのですが、どちらも宗教的要素がありますね。

  • バイブルを信じる。
  • みだりにご神体を拝まない。

ですが、個人投資家が出来ることってこんなもんなんじゃないですかね?

余剰資金が腐るほどあれば「空売りで下落相場で儲ける」「いったんポジション解除して、下落の底で買いなおす」なんてこともアリなんでしょうが、情報も資産も限られていては、そんなことやる度胸がありません。

長期投資も「今までの歴史ではこうだった → だから未来もこうなるだろう」という理屈付けです。

ですが、今が人類の歴史上最高の株価で、これから下がり続ける一方ってことも絶対無いとは言い切れるでしょうか。

「自力ではどうすることもできない事象に対し、自分の外側の力に頼る」のを宗教行為とするならば、やはり宗教的要素はゼロではないですね。

・・・

追記:証券口座ログインしちゃいました。約80万円減ってました・・・ だから見たらアカン!🈲

Posted by ぶちお