連休明け初日はメール受信の「ドキドキ感」がたまらない

2022-01-06サラリーマン時代

スポンサーリンク

どうも、ぶちおです。

連休明け初日のメール受信時、思わず「祈り」が出てしまいます🙏

初日は軽く流したい

サラリーマンは明日から出社という方も多いのではないでしょうか。

年の変わり目ということもあり、初日の心構えも人それぞれでしょう。

  • 初日から気合入れてスタート切るぞ
  • 初日なんだから、今日は軽く流して終わりにしようよ

おおむね上記2種に分かれるのではないでしょうか。

私は当然「軽く流したい」派でした。

初日だけでなく、成人の日の3連休明けぐらいから本気出すでいいんじゃね?と思ってました。

気合入れる派の人達は、連休中に妙な自己啓発本とか読んでるんでしょうかね?

一人で気合い入れる分にはいいですが、周りに「圧」かけるのはやめてほしい。

初日の勝負所「メール受信」

軽く流す」ためには、連休前に把握している以外の「デカい仕事」が無いことが大前提です。

その審判がメール受信によって行われます。

役職者や上司は、パソコンを持ち帰って連休中も何かしら仕事してる人が多かったです。

なので、連休中にもメール送ってきます。

初日にメール起動させると、それらが大量に受信フォルダに現れます。

この瞬間の「ドキドキ感」はたまらないですね😖

頼むから変な仕事発生しててくれるなよ」と祈るような気持ちで受信フォルダを眺めます。

新たな仕事の発生が無いと「よっしゃ!」と心の中でガッツポーズします😆

逆に仕事が発生してると、年明けからテンションダダ下がりです😨

どちらにせよ、心臓に悪いです。

前日から会社の影響受ける

前日の夕方ぐらいから、会社の存在が脳内で幅をきかせてきます。

「変なメール入ってるのかな?」

「いや、思い当たること無いから大丈夫だろう」

「いやいや、もしかしたら・・・」

と心の中での自問自答が行われて疲れます。

夜の寝つきも悪くなり、ますます疲れます。

連休というのは、序盤、中盤はいいのですが、それだけに終盤はギャップによって幸福度が下がりますね。

終わりに

それにしても会社のメールというやつは、心の平穏を一気に破壊するパワーをもってますね。

仕事を発生させるヤツは全員敵です。

大学卒業して初めてサラリーマンじゃない状態で年越しを経験しました。

メール受信に怯えることのないセミリタイア生活のありがたさを、しみじみ感じます😄

Posted by ぶちお