パート労働への活動開始したが「品定め」に恐れおののく

日記

スポンサーリンク

どうも、ぶちおです。

パートタイム賃金労働への活動をスタートしました。

ハローワーク求人

年初めに2022年目標として「パートタイム賃金労働」につくことを挙げました。

いよいよ具体化に向けて動き出します。

月の始めはハローワーク求人が大量に出ます。

1月4日がハローワーク稼働初日だったのですが、私が希望している

  • 週3日
  • 1日6時間以内

の求人で、通勤可能圏内のものが1件だけありました。

職種でいえば「清掃」の求人です。

時給は当然?のごとく、県内の最低賃金に極めて近い値となっています。

時給は最低でもOKとしていたので、これは想定内です。

だいたい月5万円になる計算です。セミリタイア生活のロバスト性向上に十分貢献できる数字です。

清掃業は当り外れが多い

「清掃業」をネットで少々調べたのですが、当たり外れが多い印象です。

「体を動かす機会が得られて、さらにお金もらえる」というポジティブな意見もあれば、「トイレ掃除しんどい」という意見もあります。

「トイレ掃除」があるのかどうか、求人票からは読み取れませんでした。

これは、実際入ってみないとわからないですね。

無しであってくれることを祈るのみです。

まあ、人間の環境適応能力をもってすれば、トイレ掃除があったとしても慣れるのでしょうが。

応募書類作成は精神を蝕む・・・

まだハローワークには行ってませんが、応募する前提で書類作成を開始しました。

これがまた、精神を蝕みますね😨

パートなので職務経歴書は無しなのですが、送り状と履歴書を書いてるだけで吐き気がしてきます。

何故なのでしょうか?

過去に転職経験もあり、何度も書類作成してますが、こればっかりは何回やっても何歳になっても慣れることがありません。

やはり「品定めされる」ということが精神を蝕むんでしょうね。

人間が人間の価値判断をするというのは、考えてみると相当エグいです。

「品定めする」側にできるだけ長くいて、「品定めされる」側にはなるべくならないというのが、人生において幸福度を下げないポイントかもしれません。

終わりに

会社辞めて以来、「セミリタイア」と称しつつも「フルリタイア」的な生活をしていたため、週3日といえどもそれなりのプレッシャーを感じてしまいます。

まだ応募すらしていないのですが。

セミリタイア界隈では「人生の時間は有限だから、お金を稼ぐ時間がもったいない」という意見が散見されます。

共感する部分は大いにあるのですが、まだその境地には至れませんね。

不労所得>生活費の環境ではあるのですが・・・

いずれは「お金稼ぐ時間もったいない」と心の底から言えるようになりたいです😤

Posted by ぶちお