「巻き込む」という言葉がイヤすぎる

サラリーマン時代

スポンサーリンク

どうも、ぶちおです。

巻き込むのも、巻き込まれるのもイヤですね。

イヤな言葉

サラリーマン時代、特にとりまとめ役的なポジションにいる時によく言われた言葉があります。

それは「周りを巻き込んで物事を進めていこう」です。

上司とかマネージャーとか、自分より上役の人によく言われましたね。

とてつもなく「嫌な」言葉ですね~

吐きそうになります🤮

上司からすると成長を促す的な意図もあるのでしょうが、「オレの手をわずらわせる前に、何とかしろよ」という意味の方が強い気がします。

「コミュニケーション力」とか「人間力」とか謎の能力が試されるわけですが・・・

「陰キャ」で「内向的」な人間にとってはハードモードです。

サラリーマンの基本思想

一部の意識高い系サラリーマンを除いて、一般の非戦闘タイプサラリーマンに共通する(と私が思っている)思想は

仕事を増やすヤツは敵とみなす

ではないでしょうか。

仕事が増えても給料増えないですしね(残業代は増えるかもですが、それはキツイ)。

そんな思想を持っている人々を「巻き込む」ってムリゲーじゃないですか?

仲の良い人なら何とかなりますが、それほどでもない人が相手の場合は苦労します。

  • 「会社の目標を達成するため」と正論を持ち出す
  • 「○○さんの意向です」と権威を持ち出す

など、心にもないことを言って頭を下げて何とかしてもらうのですが、ウソついてるので魂が汚れます😫

給料下げてもいいのに

サラリーマンとして年齢を重ねてくると、どうしても「とりまとめ役」的なポジションになる可能性が高まってきます。

若いうちは担当の仕事をひたすらやってればいいのですが、「ザコ扱いされたくない」と仕事をこなしていると、なぜかとりまとめ役に引き寄せられていきます。

ザコでもなく取りまとめでもない「安全地帯」が小さくなっていき、消滅してしまいます。

でも、とりまとめ役って明らかに向き不向きがありますよね。

「給料下がってもいいから、とりまとめ役下りたい」っていうのが通用すれば問題無いのですが、なかなかそうはいきません。

この辺の仕組みが柔軟であれば、サラリーマン寿命も延びたのではないかと想像しています。

終わりに

最近は20代,30代など若くしてセミリタイアする人も散見されますが、「巻き込み」が要求されるポジションに押しやられる前に、先行逃げ切りしてるんでしょうかね。

そうだとしたら「慧眼」といえます。

まあ、セミリタイアした今となっては、周りを巻き込む必要が無くなり、敵認識されることも無くなって日々穏やかですが。

今後賃金労働に就くとしても、巻き込みが要求されるポジションは全力で回避しようと思います😤

Posted by ぶちお