お金を失った悔しい黒歴史③ -資格詐欺-

2021-12-15トラウマ

スポンサーリンク

どうも、ぶちおです。

前回、前々回に続き、資本主義にフルボッコされた思い出です。

悪魔のお誘い

サラリーマンになって約1ヶ月後、○○協会(名前忘れました)から一通の手紙が来ました。

件名は「第三種電気主任技術者」資格取得支援のご案内です。

そこには

  • あなたの卒業した大学が特別支援対象として選ばれました。
  • 試験に出やすい箇所は、我々支援団体の分析でわかってます。
  • そこを集中的に学習してもらうテキストと講義テープを送ります。
  • さらに、試験前に集中講義を行います。
  • テキスト&テープの自主学習+集中講義で合格率は8割以上です。

などと書いてありました。胡散臭さMAXです。

ですが、そこはヒヨッコ社会人1年生、乗ってしまいました。

超絶アホですね~😂

その当時の自分の状況を分析すると

  • 社会人成り立てで、知識・スキルを高める意欲満々だった。
  • 電気知識は業務に直接関係してないが、間接的には関係していた。
  • 密かに勉強して知識を高めれば、後々役立つかもしれない。
  • 「第三種電気主任技術者」は容易ではないが、背伸びすればギリギリ届きそう。
  • 卒業した大学が対象と言われて、いい機会だと思った。

とまあ、青二才丸出しの思考で、あまり深く考えず申し込んでしまったのです。

社会人成り立てで、仕事後の勉強は無謀すぎた

申し込んでしばらくして、段ボールが送られてきました。

中にはテキスト数冊(白黒でカラー無し)とテープ数個が入っていました。テキストをパラパラとめくってみましたが、見にくくて全然やる気が出てきません。もともと資格取得への情熱が強くあるわけではないので、勉強する気になりません。

さらに、入社したばかりで仕事で覚えることが多く、残業も多くありました。

帰ってから勉強する気力など残ってません。

当然のごとく、教材はクローゼット奥に放置となりました。

しばらくして、「集中講義のご案内」ハガキが送付されてきました。

全然勉強してないので、そんなもの受けてもムダと思い、無視しました。

この「集中講義」が伏線となっているのは知る由もありません。

カタにハメられました・・・

資格のことなど頭から消えつつあった時期になって、一本の電話がきました。

—————–

協会:「こちら○○協会です。第三種電気主任技術者の試験は受けましたか?」

私:「いいえ、受けてません。」

協会:「そうですか。では集中講義は受講されましたか?」

私:「いいえ、受講してません。」

協会:「そうですか、ではもう1年継続ですね。」

私:「あの~ 資格取得やめたいんですけど・・・」

協会:「そういうわけにはいきません。資格取得して頂くまで徹底的に支援するのが我々の役割です。」

私:「いや、もうムリですので、何とかお願いします」

協会:「本試験も受けていない、直前の集中講義も受けていないでは、ムリかどうか判断する材料がありません。何度も言いますが、我々はしつこい団体です。やめるという道はありません。」

私:「そんなこといわれても・・・ お願いします。やめさせてください。」

協会:「・・・わかりました。本当はダメなのですが、特別にやめる方法を教えます。特別教材を購入してください。そうすれば終了証を発行して終了とします。この特別教材で、あとはご自分で勉強して資格取得を目指してください。」

私:「わかりました、それでお願いします。」

—————–

「資格取るまでやめさせない」なんて、明らかにおかしい話です。

ですが、当時はそんな判断すらできませんでした。

インターネットも黎明期で、資格詐欺の情報も知れ渡ってはいませんでした。

今思い出しても、自分のアホっぷりが恥ずかしくて泣けてきます😭

被害総額ですが、最初申し込み費用15万円+特別教材35万円で合計50万円😱

人生最大の汚点かも

前回、前々回の記事と比べて、金額的には一番少ないです。

ですが、「恥辱感」「負けた感」が桁違いにデカい。

人生最大の汚点と言っても過言ではありません。

詐欺被害にあったお爺さんが、親類縁者に寄ってたかって「何やってんだ」と言われ、最後には自殺してしまったというニュースを見たことがあります。

恥辱感」に耐えられなかったんでしょうね。何となくわかる気がします。

生命保険やパチスロはリアル世界で笑い話にできますが、資格詐欺は言える気がしません。

墓場まで持っていきます💀

Posted by ぶちお