定年後好きにするキモは「住宅費」ですね

読書

スポンサーリンク

どうも、ぶちおです。

生きるハードルを上下するのは、やっぱり「住宅費」ですね。

定年本に物申す定年本

定年バカ』(勢古浩爾(著) SBクリエイティブ 2017/11/7)

という本を読みました。

今の私は定年後といってもいい状態かな? と思って手に取りました。

「定年後はこうすべき」と指南する本が巷に溢れていますが、これらに対して「物申す」本です。

生きがいバカ、健康バカ、社交バカ、終活バカ・・・と「定年後何かしなきゃいけない病」にかかっている人達に様々なツッコミを入れてこき下ろしています。

そして「定年後は好きにすればいい」と身も蓋もない主張をします。

まあ、そのとおりなんでしょうけど。

高校時代は大学受験、大学時代は就職、就職後は老後と、常に未来に備え続けて生きている人が多いですから、急に「好きにすればいい」と言われてもなかなか難しいと思いますね。

セミリタイア後に「有意義なことしなきゃ」と思ってしまっている人には、ちょうどよい「鎮静剤」になるのではと感じました。

やはりキモは「住宅費」

著者は現在年金暮らしです。

住宅ローンを払い終わった一軒家に住んでいるとのことです。

やはりこれが「好きにすればいい」主張の土台になっているんですね。

著者自身も「サラリーマン時代に住宅ローンを払い終わってなかったらヤバかったかも」と言ってますし、「好きにする」どころじゃなくなっていたかもしれません。

やはり「住宅費」が生きる上でのハードルNo.1といっても過言ではないですね。

私は住宅ローンの経験はありませんが、家賃払わなくてよいという環境はビックリするぐらい精神の安定に寄与します。

安い中古住宅を買って、若くしてリタイアする人が出てくるのもわかる気がします。

終わりに

「好きにする」のも環境あってこそですね。

セミリタイアに向けた準備で資産形成をしている方は多いと思いますが、「住宅費」の目途が立てばゴールしたようなもんです。

「実家」という選択肢がある方は、1度検討してみるのも一興かと。

Posted by ぶちお