セミリタイア実現に近づく決め手となった動画

2022-01-01投資

スポンサーリンク

どうも、ぶちおです。

セミリタイアの師匠が大活躍しています。

両@リベ大学長

2021年の年間ベストセラーが発表されました。その中の第5位に

本当の自由を手に入れるお金の大学』(両@リベ大学長(著) 朝日新聞出版 2020/6/19)

が入っていました。ちょっと感慨深いですね。

私が両学長の存在を知ったのは2019年夏頃でした。たまたまYouTubeのおすすめ欄に出てきたのがきっかけです。両学長が発信する情報のおかげで、目指すべきセミリタイア像が見えてきました。

私のセミリタイアの師匠です(私淑してるだけですが😆)。

上記書籍も発売前に予約し、入手後即読了しました。

米国高配当株ETFへの道

セミリタイア実現に近づくきっかけとなったのが、こちらの動画です。

この動画を見て、初めて米国高配当株ETFの存在を知りました。

それまでは、日本株からの配当金が月平均1万円程度あっただけでした。

配当金を増やしたいという漠然とした思いはありましたが、これ以上日本株を買う気は無く、どうすればいいかわかりませんでした。

この動画を見て「これだ!」と思いました。

動画見ながら考えたことは、

  • 資産の最大化ならインデックスファンドが合理的と言われている。
  • しかし、ストックを取り崩す生活は自分にとって精神的負荷が大きくてムリっぽい。
  • ならば、フローを増やすべきだろう。
  • 高配当株こそ個人投資家が手軽にフローを増やせる手段っぽい(不動産とか自分はムリ)。
  • 個別株ではなく多数銘柄構成のETFなら、全滅して紙くずになることは無いだろう。
  • しかも米国株なら日本株とちがって値上がり益も期待できるかも。
  • 値下がりしても、ひたすらホールドしていれば配当金がチャリンチャリン入ってくる。

投資に割ける時間・エネルギーが少ないサラリーマンには、ありがたい「ご神託」でした。

もちろん、両学長が絶対正しいわけではないですが、何もしなければ苦しいサラリーマン生活が続いていくだけです。両学長の他の動画も見まくり、米国株ETFを買い増していきました(主にSPYDとHDV、株ではないですがLQDを少々)。

そして、月平均8万円の配当が入ってくる現在に至ります。

みんなFIREする世の中になるのか?

書籍がベストセラー5位、Youtube登録者数が164万人(2021.12.3現在)となると、世の中に対する影響力はけっこうなのものがありますね。

セミリタイア・FIREの志向者・達成者の多くも、両学長の発信する情報に触れているのでしょう。

「みんながセミリタイア・FIREしたら社会が崩壊するぞ」とはよく言われますが、もしかしたらホントにそうなるかも? とちょっぴり思ってしまう活躍ぶりです。

そうなったらそうなったで面白そうですが。

今後も両学長の情報はチェックしていこうと思います。

Posted by ぶちお