「ランサーズ」を試して現実の厳しさを思い知る

日記

スポンサーリンク

どうも、ぶちおです。

個人で稼げる人って、素直にすごいと思います。

庶民の与太話「インターネットで稼ぐ」

「インターネットで稼ぎたいな~」と夢想し、勢いで開業届を出しました。

しかし、その後何も行動してませんでした。

そろそろ何かやるかなと思い、ネットで検索すると

スキル無しでもネットで○万円稼ぐ方法」系のブログ記事やらYoutube動画やらがわんさか出てきました。

楽してサクッと稼ぎたい人が多数いるからこその大量情報、みんな考えることは同じですね。

その中から私が選んだのは、安直に「クラウドソーシング」です。

私は労働者になるための教育を22年受け、労働者として20年以上過ごしきました。

個人で稼ぐ教育も訓練も受けたこと無く、実戦経験ゼロです。

幸いにしてセミリタイア状態に到達していますので、個人事業に生活をかける必要ありません。ですので、軽い気持ちで乗ってみるのも一興かと思いました。

クラウドソーシング初体験

クラウドソーシングのメジャー所「ランサーズ」「クラウドワークス」のうち、ランサーズを選択しました。

たまたまYouTubeでランサーズの始め方動画を見たからで、深い考えはありません。

最低限のプロフィール登録を行い、さっそく作業開始しました。

そして、予想どおり現実の厳しさを突き付けられました😫

スキル不要でもできる仕事は「タスク案件」です。

アンケートに答えたり、指定された言葉をGoogle検索して指定検索順位のリンク先を入力したりです。

これが非常に単価が安い。5円がほとんどで、良くても200円程度です。

中には500円近い案件もありますが、「2000文字以上で体験談を書く」などめんどくさいもので、気軽にサクッととはいきません。

小遣い程度」すら至難な世界がそこにありました。

終わりに しばらく継続してみます

とまあ、現実の厳しさを思い知らされたわけですが、それはそれで良かったです。

体験したおかげで、今後クラウドソーシングに変な期待を抱かなくてすみます。

せっかくプロフィール登録まで行ったので、しばらく継続してみようと思います。

「1日30分」とか負担にならない程度で、どこまで稼げるのか修行を兼ねた実験です。

目標はブログのサーバー費用回収です(月900円程度)。

ゆくゆくはタスク案件以外にもチャレンジしたいですが、あまり変な夢見すぎないよう、ほどよい距離感で接していきたいと思います。

Posted by ぶちお