セミリタイアまでの経緯 -小中高時代-

経緯

スポンサーリンク

どうも、ぶちおです。

セミリタイアまでの経緯として、何回かに分けて過去を振り返ってみます。

小学校時代

経済的には中の下~下の上程度の家庭に生まれ育ちました。持家の一軒家でしたが、子供部屋なんて贅沢品は有りませんでした。勉強机と布団だけがプライベートスペースです。

運動は中の下~下の上程度、これといって突出した能力は無く、クラスでも中心よりは周辺に生息するモブキャラでしたね。大人しい性格で、目立とうとして無茶するようなキャラじゃなく、かといっていじめられるようなキャラでもなかったです。いわゆる「いい人」系キャラだったのかな。

「いい人」系キャラ だったせいか、いろんな役をやらされました。学級委員、班長、○○実行委員・・・  こういった役を決める学級会があるのですが、

  • 立候補を募る → 誰も立候補しない
  • 誰かは必ず選出しなきゃいけないので、推薦を募る
  • 「ぶちお君がいいと思います」とか言うクソ野郎が出てくる
  • 他に推薦いませんか?→いなければぶちお君でいいと思う人挙手して下さい→全員挙手
  • 生贄選出完了

役には生涯1度も自分から立候補したことないのですが、小学校時代のトラウマが効いてるんでしょうね。オレだけ役を押し付けられて責任負わされるのは嫌だ、割り喰うのは嫌だという思いは小学校時代からずっと持っています。

そんなこんなで、モブキャラとして小学校時代が終わります。

中学校時代

運動は相変わらず中の下~下の上程度でした。勉強は上の下~中の上程度 、中1では上位でしたが、中2でサボってしまい、中3で遅れを取り戻せず中の上でフィニッシュした感じです。

小学校とほとんどメンツが一緒だったので、キャラ変更もカースト移動も無かったですね。相変わらずモブキャラでした。

中2ぐらいから自意識に目覚めるせいか、学級委員とかの役は立候補で決まるようになり、推薦で生贄捧げる儀式は無くなりました。これは本当に助かりました。自意識過剰が多いとラクですね。

そんなこんなで、またしてもモブキャラとして中学校時代が終わります。

高校時代

県内中の上程度の高校へ進学しました。一応進学校を名乗っているのですが、実際に大学進学するのは3割程度で、地方の国立、私立が多く、有名大学はほとんどいません。旧帝国大学に入るのが数年に1人いるかいないかです。

勉強で中の上程度が集まっているので、中学校時代に中途半端な成功体験を持っている人が多く、「オレは本気出せばできる」と思っているまま本気出さずに3年間過ぎてしまう人が多い印象ですね。

私は高1で出遅れてしまいましたが、それが危機感醸成につながりました。経済的に恵まれていない家庭のため、私立は有りえず、浪人することも厳しいということで、高2から巻き返して高3でトップ(といっても中の上高校の中でですが)を取るまでとなり、現役で県外の国立大学へ合格しました。

勉強はまあ成功といっていいかもしれませんが、それ以外は相変わらずモブの住人でしたね。体育祭だの文化祭だのありましたが、そんなのはモブにとっては面倒くさいイベントでしかありません。何事も無く終了です。

そんなこんなで、これまたモブキャラとして高校時代が終わります。

Posted by ぶちお