セミリタイアまでの経緯 -サラリーマン3社目-

経緯

スポンサーリンク

どうも、ぶちおです。

サラリーマン3社目の経緯です。

セミリタイア失敗

セミリタイア関連情報に触れて、「行けるんちゃうか?」と思って2社目を退職しました。

資産2500万円、配当月1万円が土台です。

退職して1か月経過したあたりで、「こりゃムリだな」と悟りました。

最初の1か月は退職金等もあり、心の余裕もありましたが、2か月目に無収入になると同時に住民税、国民健康保険税、国民年金の3つが牙をむいて襲い掛かってきました。

無職は初めてではないので、上記3つはもちろん知っていたのですが、1回目無職とちがって自己都合退職だったため、国民健康保険税が圧倒的な存在感を示していました。心が蹂躙されましたね😭

収入の見込みも無く、 セミリタイアブログによく書いてある 「会社辞めた後のことは、辞めた後考えれば何とかなるよ」というのは、資産・マインドにおいてある程度の土台あってこそなのだと思い知らされました。

もちろん、私の土台程度でもセミリタイアできる人はできるのでしょう。でも、どの程度で自分が心の安寧を維持できるかは、自分にしかわからないです。

こんな当たり前のことに気が付かなかった。アホですね~😫

でも、サラリーマン環境というのは、人をアホにしてしまう圧迫感・蹂躙感があります。そうじゃないですか?

ということで、またもや就活スタートと相成りました。

40代前半からの就活

前回就活の経験より、同業種同職種に絞って就活しました。前回よりも年喰ってましたが、そこまで苦戦はしませんでした。サラリーマン2社目と同一県内4社受けて2社内定が出ました。活動期間は約5か月でした。

またもや東証1部上場企業の子会社(工場)に就職しました。

今までの2社も東証1部上場企業の子会社(工場)でしたが、今回のは日本国民なら誰でも知っている大企業グループに属する会社です。当然給料も過去2社よりよかったです。

今度こそ、うまく立ち回って「心の安寧」をキープしつつ、セミリタイア土台構築するぞ😤

とイキッて入社したのでした。

世の中はトレードオフですね~

さて、サラリーマン3社目がスタートしました。

やはり有名企業グループということもあり、社員のレベルが今までの2社より高いです。

精神安定剤となる、特別デキない社員が存在しません。

優秀な人間が多く、細かいところまで気が付きます。そうすると、その対応をきっちりやることになり、仕事がドンドン増えます。組織も官僚的で、なかなか仕事が前に進まないです。

有名企業に入れば勝ち組なんてのは、強靭なメンタルを持った一部の人には当てはまるのかもしれませんが、凡人にとっては幻想ですね。そもそも雇われ賃金労働してる時点で勝ち組ではないのでしょう。

給料良くても仕事キツイのでは「心の安寧」が保てません。

給料・心の安寧の両方そろっている仕事は無いんか? 世の中トレードオフですね~😢

ということで、長くなってきたので、続きは次の記事で。

Posted by ぶちお